products

遮水材料

熱可塑性ポリオレフィン系遮水シート

熱可塑性ポリオレフィン系遮水シートは、ゴム系シートと樹脂系シートの特長を生かして開発した熱可塑性ポリオレフィン系エラストマー(TPE)から成る遮水シートです。
耐候性、耐久性が良く施工性に優れる等、数々の特長を持っています。

用途と特長

用途

  1. 廃棄物埋立処分場
  2. 宅地造成調整池・雨水貯留システム
  3. ゴルフ場・庭園・公園などの水貯留システム
  4. 農業用ファームポンド・溜池など

 

特長

  1. 耐候性に優れ長期の使用に耐えられる。
  2. 柔軟性があるので下地の形状への追従性が良い。
  3. 突き刺強度が強く耐寒衝撃性もあり、非常に破れにくいシートである。
  4. 熱膨張係数が小さいので寸法安定性に優れている。
  5. 他素材と比べ比重が0.9と軽いので作業性がよい。
  6. ポリオレフィン系で可塑剤を入れていないので、ブリードや臭いなどの問題がない。
製品規格
種類 厚さ(mm) 幅(mm) 長さ(m)
定尺品 1.0 1.5 2.0 3.0 20 25 100
広幅加工品※ 1.0 1.5 2.0 6.0 20 25

基本物性

FPAシート 1.5mmt

試験内容 規格値 試験結果
長手方向 幅方向
引張強さ N/cm 140以上 341 351
伸び率 % 400以上 793 802
引裂強さ N 70以上 150 147
接合部せん断強度 N/cm 80以上 124
耐紫外線性 %
5000時間照射後  
(引張強さ保持率) 80以上 94
(伸び率保持率) 70以上 91

※試験結果は測定値であり、保証値ではありません。 測定方法はJISA 6008に準じます。

施工

遮水シートの漏水原因は継ぎ目部から発生する可能性が大きいといわれています。熱可塑性ポリオレフィン系遮水シートは、他のポリオレフィン系遮水シート に比べ熱融着性能に大きな特長を持ってます。
熱可塑性ポリオレフィン系遮水シートは熱融着温度範囲が広いので融着部の信頼性が優れています。また融着強度も強く、作業環境に左右されにくい。接合は、ホットエアー、ホットウエッジ等凡用の熱融着機で施工出来ます。

加硫ゴム系遮水シート EPDM

(特長)
耐久性が非常にすぐれた合成ゴム(EPDM)を用いた加硫ゴム系遮水シートです。1969年(昭和44年)発売以来さまざまな用途で豊富な実績があります。

構成・寸法

ミズシートは工場にて段差のない一体化接合(フロージョイント)方式で加工された広幅シートです。

厚さ(mm) 1.0 1.5 2.0
幅(m) 8.0 10.0
長さ(m) 10.5 15.2

○厚さの許容差は-10%〜+15%です。<JIS A 6008に準拠>
○標準品は厚さ1.5mmです。幅、長さは特注寸法も可能です。
○最大寸法は1.5mm厚の場合10mm幅×150m長です。

材料一覧
項目 品名 用途 規格
接着剤 ネオ・ボンド#110JS ミズシート接合部 A液、B液各々3kg缶入り
ネオ・ボンドシールE ミズシートとコンクリートの接着剤 A液、B液各々3kg缶入り
副資材 EJテープ

ミズシートと接合部の
補強張用テープ

1.8mm厚×70mm幅×15m長
ネオ・ルーフィングRN

構造物周辺の
増し張り用テープ

1.5mm厚×300mm幅×10m長
ネオ・シール 三枚重ね部充てん用シール 300mlカートリッジ
ネオ・アングル コンクリート端部固定用
押さえ金物
仕様により異なります
保護シート 吸い出し防止用フィルター材
補強シート 補強り用ミズシート 構造物補強張り用
ゴムシート
1.5mm厚×600mm幅×15m長

 

物性
項目 JIS A6008規格値
(均質加硫ゴム)
測定値
長手方向 幅方向
引張性能 引張強さ N/cm² 750以上 1000 921
伸び率 % 450以上 510 520
引裂性能 引裂強さ N/cm 250以上 363 372
温度依存性 試験温度60℃ 引張強さ 比 % 30以上 65 68
試験温度-20℃ 伸び率 % 200以上 300 325
加熱伸縮性状 伸縮量 mm 伸び2以下 縮み4以下 縮み1.0 縮み1.0
劣化処理の
引張性能
引張強さ比
加熱処理 80以上 150以下 107 110
促進暴露処理 80以上 150以下 102 105
アルカリ処理 80以上 120以下 100 102
伸び率 % 加熱処理 70以上 85 88
促進暴露処理 70以上 85 88
アルカリ処理 80以上 100 98
■JIS A6008(均質加硫ゴム)の物性値を満たしています。(測定値は保証値ではありません。)

■設計・施工についてのお願い
材料の組み合わせは現地の条件により異なります。設計の段階で当社までご連絡ください。

ミズシートの歴史

〜1963(S38)
耐光性にすぐれたEPDM配合の建築用シート防水材(ネオ・ルーフィング)を研究開発し、製品化しました。

〜1969(S44)
耐光性にすぐれたEPDM配合の土木用シート遮水材(ミズシート)を研究開発し、製品化しました。

1971(S46)
シートジョイント接着剤に、耐水性にすぐれたブチルゴム(ネオ・ボンド#110JS)を仕様しました。

1972(S47)
軟弱地盤上に造成する貯水池のライニング材として採用され、圧密沈下に十分な性能を発揮しました。

1972

(新日本鐡広畑スラリーポンド)




 

1974(S49)
工場ジョイントに段差のできない「フロージョイント」を開発。水密性に対するより確かな信頼を得ました。

1974

■工場ジョイント(フロージョイント)Pat.No.963885


1974_2初めて国営事業のファームポンドに採用されました。

(東海農政局青蓮寺開拓建設事業)




 

1976(S51)1976
約17万m²という、シート遮水材を用いるものとしては日本最大級の工事に採用されました。

(熊本県 深迫ダム 1980(S55) 完成)

19771977(S52)
環境保全対策の上からもゴムシートの遮水性が認められ、以後、廃棄物処理施設にまで用途が拡大しました。

(千葉市中田町埋め立て他)



19781978(S53)
海外大型プロジェクトのライニング工事を受注。
6年間で約250m²の工事を完了しました。

(イタク ISHAQI プロジェクト)

▲トップへ

高密度ポリエチレン系遮水シート HDPE

(特長)
ディスポライナーは、廃棄物埋立処分場用遮水とし、高強度で、耐候性、耐化学薬品性にすぐれた材料です。豊富な実績を有する三ツ星ベルトの遮水シート施工技術とシステムにより、自然環境の保護に最適な機能を発揮します。ディスポライナーはSatellite Geosystems.Ltd.との携帯品です。
寸法
.
厚さ(mm) 幅(m) 長さ(m) 面積(m²) 質量(kg)
1.5 5.7 135 769.5 1080
2.0 5.7 100 570.0 1080
材料一覧
項目 品名 用途
副資材 融着ロープ 押出し融着機に使用するポリエチレン融着ロープ
押え金具 構造物のシート端部を固定するためのステンレス鋼板
ポリエチレン型物 構造物に埋込み本体シートと接合する型物
ステンレスバンド パイプ構造物の端部を固定するステンレス製バンド
アンカーボルト 構造物のシート端部を固定するためのステンレス製アンカーボルト
物性
項目 測定値
長手方向 幅方向
引張性能 引張強さ N/cm² 3480 3440
伸び率 % 885 870
引裂性能 引裂強さ N/cm 1470 1520
加熱伸縮性状 伸縮量 mm 0.0 0.0

測定値は保証値ではありません。


測定方法:
引張性能
JIS K 6760 「ポリエチレン試験方法」
JIS K 7113 「プラスチック引張試験方法」
(引張性能は引張速度50mm/minで測定)
引裂性能および加熱伸縮量
JIS A 6008「合成高分子系ルーフィングシート」





■設計・施工についてのお願い
>
材料の組み合わせは現地の条件により異なります。設計の段階で当社までご連絡ください。
パートナー

mitsuboshi

toyo

▲トップへ

東レ マントル®

※マントルは東レの商標登録です。

数々の優れた特性で、新しい土木分野を創造します。

東レ・マントル®は、東レが合成繊維の製造技術をもとに、独自の方法で開発した、スパンボンド法による『ポリエステル長繊維不織布』です。
素材は、ポリエステル100%で、長繊維を連続的な積層構造に構成しているため、優れた機械的性質、寸法安定性、耐熱性、耐腐食性を兼ね備えています。
また、繊維の接合に接着剤を使用していないため、優れた透水性、フィルター性能を保持し、土砂のセパレーション効果を長期にわたって維持します。
画期的な土木用シート、それが東レ・マントル®なのです。

機能

補強効果
マントル®は、土中において拘束効果、引っ張り効果、そして排水効果を発揮し土の補強を行います。また、軟弱地盤などの支持力の低い地番では、トラフィカビリティの向上や圧密促進にも効果的です。

排水効果
マントル®の透水係数は、一般的に10¯¹〜10¯²cm/secの範囲で、粗めの砂と同じ程度の透水機能を備えています。そのため、土中の水をすばやく排水し、地盤の圧密を促進することができます。

分離効果
マントル®は、軟弱地盤、道路路床として鉄道地盤などの施工において、排水層と土砂の分離、良質土と悪質土の混合防止に効果を発揮します。また、道路や鉄道など外的振動によるポンピング現象から生じる噴泥を、新たに投入した土砂や砕石の間隙へ侵入するのを防ぎます。

ろ過効果
マントル®は、水とともに流出しようとする土砂を表面で捕集するため、吸い出し防止などのフィルター材としてご利用いただけます。
また、暗渠排水の目詰まり防止にも効果的です。

防草効果
マントル®は、優れた耐候性、遮光性を備えていますので、雑草の発育を阻止します。

押圧荷重と透水係数

大きな押圧荷重の下でも優れた透水性能を維持します。また水平方向の透水性が特に優れているため道路、軟弱地盤、鉄道路盤の下に敷くことにより土中の水や湧水を速やかに排出することができます。




押圧荷重と厚さ

大きな押圧がかかっても、厚さの減少率は最小です。



規格・物性

1999年度から、測定方法:JIS L1908(ジオテキスタイル試験方法)の採用に伴い、項目・形式を変更しています。
表示変更であり、製品そのものの変更ではありません。添付の旧表示をご参考下さい。

用途 品番・規格物性
(m)
長さ
(m)
巻径
(cm)
標準タイプ D5100 1・2・(4) 100 37
D5160 1・2・(4) 100 45
D5200 1・2・(4) 100・(50) 54・(37)
D5300 1・2・(4) 100・(50) 64・(45)
D5420 1・2・(4) 50 50
河川用吸出
防止シート
D3300※ 2・(4) 100・(50) 64・(45)
港湾用
防砂シート
D5500※ 2・4 50 56
D5840 4 25 60
防草シート G2150BK 2・(4) 100 24
G2200BK 2・(4) 100 27
G2260BK 2・(4) 100 32

 

単位面積
あたりの質量
(g/m²)
引張強さ 伸び率
たて よこ たて よこ
kN/m N/5cm kN/m N/5cm (%) (%)
100 4.9 245 3.5 177 55 50
160 6.8 343 6.8 343 55 50
200 8.8 441 7.8 392 55 50
300 15.6 785 12.7 637 55 50
420 20.0 1,000 20.0 1,000 60 60
300 15.6 785 12.7 637 55 50
500 35.3 1,765 23.5 1,177 60 60
840 54.8 2,746 49.0 2,452 65 65
150 5.8 294 3.9 196 15 15
200 12.7 637 5.8 294 30 25
260 15.6 785 9.8 490 30 25

(4):4m幅は特注です。

●測定方法:JIS L1908(ジオテキスタイル試験方法)
※D3300は1994年建設省建設技術評価制度にて「河川護岸用吸出防止シート」として評価を受けました。
※D5420は「しゃ水シート保護材」【単位質量400g/m²、引張強さ1000N/5cm、遮光性95%】対応品です。
※D5500は運輸省港湾用防砂シート規格【厚さ5mm(<2kpa.>4.2mm)、引張強さ880N/5cm、伸び50%、質量500g】対応品です。

東レ・マントル®の施工例

■軟弱地盤の安定化
軟弱地盤上にマントル®を敷設することによって、盛土材の沈降を防止し、トラフィカリティを確保することができます。

軟弱地盤の安定化


■盛土の補強
マントル®を敷設することで盛土内の過剰間隙水をすみやかに排水すると同時に、引っ張り補強材としても作用し、土塊の拘束効果と相まって地盤の安定化をはかります。

盛土の補強


■鉄道路盤の排水・噴泥防止
軟弱地盤や噴泥多発地帯の鉄道路盤内に、マントル®を敷設することで、雨水、湧き水をすばやく排水すると同時に、ポンピング現象によって起こる噴泥を防ぎバラスト部の持つクッション性を長持ちさせることができます。

鉄道路盤の排水・噴泥防止


■洗堀・吸い出し防止
護岸改良工事の際に、コンクリートブロックなどの下にマントル®を敷設することで、水とともに流出しようとする土粒子を遮断し、護岸の安定を実現することができます。

洗堀・吸い出し防止<


■遮水シート
ため池、廃棄物処理場などの地盤に遮水シートを使用する場合、マントル®をその間に敷くことによって、遮水シートを保護することができます。

遮水シート


■排水層のフィルター
砂利や砕石などで作られた排水層と客土との間にマントル®を敷設することで、排水層への度粒子侵入を遮断して目詰まりを防ぎ、排水能力を持続させることができます。

排水層のフィルター


■道路・歩道の安定
アスファルトやインターロッキングブロックの下にマントル®を敷設することで、リフレクションクラックの防止、圧密水の排水、トラフィカビリティの確保、そして不陸の防止などに効果を発揮します。

道路・歩道の安定


■防草
マントル®(Gタイプ)の高い遮光性と優れた貫通抵抗によって、雑草の成長を防止します。また、シートには透水性がありますので、水を通します。

防草


■ゴルフ場の排水・土層分離
グリーンやバンカーの下にマントル®を敷設することで、排水不良を改善することができます。また、バンカー内の白砂汚れや流出防止にも効果を発揮します。

ゴルフ場の排水・土層分離


用途 使用目的 D5100 D5160 D5200 D5300
D3300
D5420 D5500 D5840 G2150BK G2200BK G2260BK
盛土
  • 水平排水
  • 圧密沈下
  • 層厚管理
軟弱地盤
  • トラフィカビリティの確保
  • 水平排水
  • 盛土材の低減
道路・歩道
  • リフレクションクラックの防止
  • 路床・路盤の分離
  • 透水性舗装のセパレーション
  • 雑草によるアスファルト破壊防止
港湾・
河川用水路
  • 吸出し防止
  • 洗堀防止
  • 遮水シート保護
グランド
  • 土層分離
  • 水平排水
ゴルフ場
  • 土層分離
  • 水平排水
廃棄物
処理場溜池
  • 遮水シート保護
  • 裏面排水
鉄道
  • 噴泥防止
  • 水平排水
トンネル
  • 裏面排水
  • 緩衝材
防草
  • 雑草の繁殖防止
暗渠排水路
  • 目詰まり防止
パートナー

tore

▲トップへ

コスモガード

(特徴)
  1. ポリエステル、スパンボンド不織布東レ”マントル”®の表層面に特殊樹脂加工を施した保護材です。
  2. 表層面の樹脂により、繊維を劣化させる紫外線をブロックし、不織布内部まで侵入させないので、長期間にわたり強度を保持します。
  3. 合成樹脂の器具または容器包装の規格基準(厚生省告示第20号)に適合する安全な保護材です。
  4. K-500タイプ:特殊なアクリル系樹脂を含浸加工した、遮光性及び耐候性に極めて優れた機能を持つ保護材です。数多くの施工実績があります。
  5. K-5000タイプ:特殊なポリエチレン系樹脂をラミネート加工した、遮光性及び耐候性と共に防水機能をも合わせ持つ保護材です。
  6. KN-500・KN-5000は粘着タイプです。
    強風対策、鉛直楊壁等の施工にお勧めです。
コスモガードの規格
項目 単位 非粘着タイプ 粘着タイプ 非粘着タイプ 粘着タイプ
K-500 KN-500 K-5000 KN-5000
ダークグリーン
m 2.0 1.0 2.0 1.0
長さ m 20 20 20 20
厚さ mm 4.5 4.5 3.5 3.5
重量 g/m² 600 700 600 700
コスモガードの物性データ
項目 単位 K-500 KN-500 K-5000 KN-5000 試験方法
引張強度 たて N/5cm 1760 JIS L 1908
よこ 1270
伸び率 たて N/5cm 50 JIS L 1908
よこ 60
引裂強度 たて N 635 JIS L 1096
よこ 585
貫入抵抗 N 900 ASTM D 4833
遮光性 99.99 JIS L 1055
耐水性 kgf/cm² - 1.0 JIS L 1096
耐候性(紫外線照射)測定データ



コスモガードの断面図



コスモガードの施工方法
ジョイント部は非粘着タイプは100mm以上、粘着タイプは50mm以上の重ね代を取って下さい。
詳しくは施工要領書を参考にしてください。
パートナー

izumi

▲トップへ

あんしんマット

特徴と種類と用途
(特徴)
一般土木用マットは、廃棄物最終処分場及び一般土木用に開発された不織布です。優れた強度と伸度を持ち、どのような条件の施工でも柔軟に対応することが出来ます。

(種類)
  • NF-1010,NF-1012,NF-2020,NF-2024
    ポリエステル系反毛フェルト

    ポリエステル系合成繊維をニードルパンチによってマット状にした商品です。

  • NF-1010P6,NF-1012P6,NF-2024P6,NF-2024P12
    補強基布入りポリエステル系反毛フェルト

    ポリエステル系合成繊維をニードルパンチによってマット状にした高強度商品です。

(用途)
  • 最終処分場等の遮水シートの保護
  • 軟弱地盤の表層処理
  • 護岸等の吸出し防止材
  • 盛土補強
  • 各種フィルター
  • 土層分離
等に適しています。
製品規格
品名 目付
(g/m²)
厚み
(mm)

(m)
長さ
(m)
NF-1010 1000 10 2 10
NF-1012 1200 10 2 10
NF-2020 2000 20 2 10
NF-2024 2400 20 2 10


品名 目付
(g/m²)
厚み
(mm)

(m)
長さ
(m)
NF-1010P6 1000 10 2 10
NF-1012P6 1200 10 2 10
NF-2020P6 2400 20 2 10
NF-2024P12 2400 20 2 10
規格値
品番/物性値 目付
g/m²以上
厚み
mm以上
引張強度
N/cm(N/5cm)以上
伸度
%以上
引裂強度
N以上
たて よこ たて よこ たて よこ
NF-1010※ 1000 10 20 100 20 100 50 50 250 220
NF-1012 1200 10 20 100 20 100 50 50 - -
NF-2020 2000 20 80 400 130 650 70 60 320 530
NF-2024 2400 20 90 450 180 900 30 30 500 500
NF-1010P6※ 1000 10 20100 20 100 50 50 300 300 300
NF-1012P6※ 1200 10 20 100 20 100 50 50 300 330
NF-2024P6 2400 20 45 225 200 1000 90 50 250 650
NF-2024P12 2400 20 70 350 160 800 110 90 460 800
測定方法 JIS-L-3204 JIS-L-3204 JIS-L-1096 JIS-L-1096
※上記数値は自社規格値であり、保証値ではありません。
構造

パートナー

otsukacorp


▲トップへ

コスモバリアス

コスモバリアス遮水工法

廃棄物埋立処理場まで、使用されているしゃ水シートと新開発の漏水感応型自己遮水材・コスモバリアスを併用する信頼性の高い遮水工法です。


吸水・膨潤率(高吸水性樹脂)
コスモバリアス基本仕様
コスモバリアスとは
コスモバリアスの機能

しゃ水シートを鉄筋などが貫通した場合、高吸収水性樹脂が膨潤して、貫入物の周りをシールする形で遮水します。




コスモバリアスの性能

破損水圧試験による

コスモバリアスの高吸水性樹脂は、水と接触すると純水に対し自重の約400倍の吸水能力を持っています。


貫入材 貫入したまま 貫入後引抜き
針金 0.29MPa
(3.0kgf/cm²)
異常なし
0.05MPa
(0.5kgf/cm²)
ゲル物が少し出る
ドライバー 0.29MPa
(3.0kgf/cm²)
異常なし
0.05MPa
(0.5kgf/cm²)
ゲル物が少し出る

ø6.0の異物の貫入に対して、0.29MPa(3.0kgf/-)
(水深30m)までは漏水は認められません。

コスモバリアスの材料特性

ポリエステル長繊維不織布東レ”マントル”に、ポリエチレン樹脂をコーティングし、高級水性樹脂を間に閉じ込める事により吸水時のポリマーの成長(高級水樹脂の吸水・膨潤)が抑制され、ポリマー自体が不織布間で相互に強く密着する事になります。

コスモバリアスの規格
項目 社内規格 試験方法
厚さ(mm) 4.0以上 JIS L 1908
単位面積当り
質量(g/m²)
1250以上
引張り強度
(N/5cm)
たて 1764以上
よこ 980以上
伸び率(%) たて 45以上
よこ 55以上
引裂強さ(N) たて 637以上
よこ 637以上
JIS L 1906
トラベゾイド法

※改良のため、予告なく改訂する場合がございます。

ジオバリアス研究会

pdfジオバリアス技術資料

パートナー

izumi

▲トップへ